FC2ブログ


--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

漫画研究1

22:37

春休みの暇さで、つい毎日10時間寝そうになってる渉内の暗音です。
やはり目標を持って生活しないと人間ダラダラしちゃうよねw

まず第1回目の作品はこちらです。
一応リンク先はアマゾンに設定してあります。

高橋しん
トムソーヤ
JETS COMICS
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%A0%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%A4-%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%84%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E9%AB%98%E6%A9%8B-%E3%81%97%E3%82%93/dp/4592142810

はい、無難なとこ行きました!
高橋しんを知っていてもこの本を知らない人はけっこういるんじゃないでしょうか。
JETS COMICSってなんだよ!と思いますね、僕も知りませんw

話の内容としては原作の「トム・ソーヤーの冒険」とほとんど同じものです。
現代日本風リメイク作品と考えたらわかりやすいかもしれません。
主人公になるハルという女性が3人の男子中学生と一緒に一夏の小さな冒険を繰り広げる。
と言ったら聞こえがいいかもしれません。
実際には小学校、中学校のときにやっていたような「バカ」なことをおおげさに表現している漫画です。
でもその視点こそが「子どもの視点」であり、大人になった自分の視点を戻させてくれる作品でもあると思います。
今となると、なんであんなに悩んでたんだろうとか、なんであんなことに熱心になってたんだろうとか思うことがあると思います。
そのような視点に戻って昔の童心に戻ってみるのもいいかもしれません。

とにかく綺麗な漫画です。絵が綺麗、人物が綺麗、世界感が綺麗と全て合わせても綺麗な漫画です。
怖いけどなぜか怖くない。普通の漫画なのになぜか心に訴えかけてくる。
これこそが高橋しんの醍醐味だと思います。
スポンサーサイト


コメント

  1. 松原 | URL | -

    この本持ってます

  2. 暗音 | URL | -

    Re: 漫画研究1

    >松原さん
    ぜひRBMへv-218
    高橋しんの素晴らしさを広めましょうv-237

コメントの投稿

(コメントの編集・削除時に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

Trackback URL
Trackbacks


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。